佐藤規文(2005年度修士2年・解析系)

Q. 学部から北大ということですが,そのままこの大学院に来たのは何故ですか?

photo

学部の時に偏微分方程式論の講義を聴きまして,北大では偏微分方程式の研究が非常に盛んであるということがあって,やはり進学するのは北大だと考えてそのまま進学しました。

Q. 修士課程で勉強するにあたってどんな事が良かったですか?

やはり学部のときに比べて一つのことをじっくり勉強できる環境があると感じました。学部のときはたくさん講義を取らなければならないというのがあるので振り回されがちというか。でも大学院に来たときにはセミナーが中心なので一つの事を少人数でじっくり勉強する所などが利点だなと,勉強の点では思います。

Q. 進学される予定だということで,更に博士課程に行こうと思った理由は?

やはり色んなことを勉強する中で,自分の勉強した事が現実の世界に応用されているということを知ったんですよ。なので自分の研究を何らかの形で社会に還元できたらいいなと。あくまで理想ですが,そう考えるとやはり上を目指すということになって。還元したいというのがやはり考えとしてはありまして,上を目指すことにしました。

Q. 学部生の時はどんな学生でしたか?

偏微分方程式論に興味は持ってたのですが,代数解析幾何まんべんなく色んな事を勉強してきたなという感じですね。色んなものに興味を持つというか。

Q. 修士課程での周りの学生達との交流は?

雰囲気はいいと思います。色んな学生同士の交流も盛んにやっているのではないかと思います。

Q. 大学院進学を考えている人たちに何かアドバイスはありますか。

やはりマスターに上がるからには何となく上がってくるのではなくてできれば,自分はこういうものをやりたいとかヴィジョンを持って来た方が良いと思います。それが結局自分の2年間の勉強,生活にも影響を与えると思うので,そういう考えを持った方がいいのかなと思います。

Q. ご自身は学部時にヴィジョンを持っていましたか?

僕は先程もいいましたが,偏微分方程式論の講義を聴いてそれが完全にマスターに進む動機になりましたので。これがやってみたいと。

どうもありがとうございました。

2005年(平成17年) 5月インタビュー実施