ピサ大学システムとの協働による集中講義: Hokkaidoサマーインスティテュート2015トライアル

開催日時
2015年   7月 27日 ~ 2015年   9月 4日
講演者
 
ピサ大学、ピサ高等師範学校、聖アンナ高等師範学校の先生を中心としたオムニバス形式の集中講義を英語で開講します。ピサ大学からの受講生もおり、札幌にいながら擬似的な留学体験ができますので、皆様、奮ってご参加下さい。
次のような2部構成で行います。


第Ⅰ部:7月27日―8月7日
数学と経済学の相互交流を意識したセッションで、講義は北大数学科の意欲ある学生にとって履修可能なレベルで設計されます。系を問わず、ご参加下さい。
・経済成長の数理統計モデルに関する講義 (世話役:シモーナ セッテパネーラ)
【講師:Giulio Bottazzi, Federico Tamagni, Arianna Martinelli(聖アンナ高等師範学校),西部忠(北大・経済)】
・微分方程式と微分幾何に関する講義 (世話役:久保英夫)
【講師:Vladimir Georgiev, Stefano Galatolo(ピサ大学),Tommaso Pacini(ピサ高等師範学校)】



第II部:8月24日―9月4日
博士後期課程向けのコースです。
・超平面配置に関する講義 (世話役:吉永正彦)
【講師:Mario Salvetti(ピサ大学), 寺尾宏明(北大・国際本部), 秋田利之(北大・理)】


なお、具体的な時間割や履修登録(修士以上の希望者のみ)方法は随時お知らせしていきます。

本行事は文部科学省「スーパーグローバル大学創成支援」の援助のもと開催されます。




関連項目

研究集会・セミナー・集中講義の一覧へ