1年生向けサイエンスグローブ「リガクの世界をのぞいてみない?」(6/15)

2016年06月15日

理学部各学科では、学部1年生向けに「サイエンスグローブ」を実施します。
数学科は下記のとおり6月に開催します。講義での「数学」とは、また少し違った面も見られるかもしれません。
当日はドリンク・おやつ等も用意する予定ですので、皆さんどうぞお気軽にご参加ください。多くの方のご来場をお待ちしています。

#################################

日時: 2016年6月15日(水)6講時(18:15~19:30)
会場: 高等教育推進機構 N283教室
講師: 坂井哲 先生
講演タイトル: ランダムウォークの次元依存性 ‐ 見えない次元を数学する
講演概要:
「ランダムウォーク」という名前,どこかで耳にしたことありませんか? 実は様々
な分野に使われていて,私たちは陰に陽にランダムウォーク(とその考え方)のお世
話になっています.

今回のサイエンスグローブでは,ランダムウォークの有名な問題である「ギャンブラー
の破産問題」を参加者に実験してもらい,1次元空間でのランダムウォークの振る舞
いを体験してもらいます.それを基に,空間の次元を2,3,4…と一般化したときの
振る舞いを予想してもらい,ランダムウォーク自身がもつ「次元」について思いを馳
せてもらいます.講演の最後には,参加者は「2つのランダムウォークが出会う確率」
や「一方のランダムウォークが適当な時間にランダムウォークするミサイルを放って,
もう一方のランダムウォークを撃墜できる確率」などが1に退化する空間次元を予測
できるようになっているでしょう.

このように,数学科では「使う」ことを超越した思考実験や,未来永劫正しい性質(
定理)を勉強したり,研究することができます.これはランダムウォークに限った話
ではありません.硬派なサイエンスを目指す学生さん,ぜひ「来て,見て,達成して」
(veni, vidi, vici)みませんか?

#################################

ポスター

イベントの一覧へ