平成30年度 数学科公開講座(8/5, 8/6 北海道大学オープンキャンパス)

2018年08月06日

数学科では北大オープンキャンパスで,下記の講座を開講いたします。
緑豊かな、広いキャンパスで行われる大学講義の雰囲気を,この機会に是非味わってみませんか?
沢山の方のご参加をお待ちしております。

自由参加プログラム(午前、午後とも同一内容の講義です)

8/5(日)
【午前の部】10:15~11:00 理学部5号館2階201
【午前の部】14:15~15:00 理学部5号館3階301
松本圭司先生 【3次方程式の解の公式と判別式】
2次方程式の解の公式と判別式については、よくご存知のことと思います。 この講演では、3次方程式の解の公式について解説します。 そして、実数係数の3次方程式が、3つの実数解をもつか1つの実数解と 2つの複素数解をもつかを判別する式を構成します。

高校生限定プログラム ※定員20名 事前申込み制

8/6(月) 9:00〜16:00頃 理学部3号館2階202
黒田紘敏先生 【確率のはなし~直感はどこまで信じられる?】
『数学的に計算される確率』と『直感的な印象』とにギャップがあるような現象やゲームについて,いくつかの実験を実際に行いながら考察してみましょう.例えば,誕生日に関する確率の話題は聞いたことがある人もあるかもしれません.それらの体験を踏まえて,確率についての正確な議論のためには数学の言葉が必要であることを認識してもらい,高校数学の範囲からスタートして関連する大学数学の内容を概説します.確率論の社会的応用にもできるだけ触れたいと思います.

イベントの一覧へ