平成23年度サマースクール:参加者の感想と写真

2011年09月01日

  • 短期集中型のセミナーで集中力を保つのが大変でしたが、他大学の学生及び普段の仲間と議論することで数学に関して大きな刺激を受け、有意義な時間を過ごすことができたかと思います。内容の理解は勿論、セミナーのやり方が分かったのも収穫になりました。

  • 「結び目理論」に参加させていただきました。わからないことだらけで大変でした。でも、もっと数学を学びたい思ったし、人と話して色々教えてもらったりしていい刺激になりました。
  • 今年は2回目の合同セミナー参加で、昨年に引き続きよい経験になりました。セミナーでの深い学習はもちろんのこと、先生やTA、学生の方々から数学の興味深い様々な話を聞くことができました。このような大変貴重な時間を過ごすことができ、良かったと思います。
  • 三日間数学しかない環境で生活をしたのは今回が始めてでした。
    今回のセミナーで時間内に話したいことをまとめることが難しいことだとつくづく感じました。
    普段気づかないことに気づいて良かったです。

  • 三泊四日でみっちり数学をやって発表したことで、とても達成感があり有意義な時間を過ごせました。先生やTA、グループのメンバーに指摘されることで初めて理解しきっていなかった部分もわかり、とてもためになりました。
  • 数少ない他大学の数学科の方々と交流できる機会で、今回のこのセミナーもとても実りあるものになったかと思います。セミナーではHasse-Minkowskiの定理を学び、数論でのP進体の重要性を垣間見る事ができました。
  • 今回のゼミについて、自分が良かったと思うことは発表です。勉強したことをどのように発表するか、普段ただ授業を受けるときには考えないでしょう。なので、全体発表はとてもよい刺激であったと思います。
  • 先輩方についていくだけで精一杯でしたが、色々と勉強させてもらいました。今回のセミナーは良い刺激になり、より広く深く数学を勉強したくなりました。来年も出来れば参加したいと思います。
  • 今回僕はフーリエ解析のフーリエ級数の理論を学びました。数学的な議論が主でしたが、物理的な議論もありました。今回のセミナーではフーリエ変換まではできなかったので、今後自分で学習しようと思います。
  • 一人で勉強するだけではわからない楽しさや大変さがあってとても為になった4日間でした。発表会ではどのようにプレゼンするのがいいのかなど、今後に役立つことの練習も出来て本当に充実したセミナーになりました。
[当日の様子]

イベントの一覧へ