平成20年度サマースクール:参加者の感想と写真

2008年09月21日

  • 発表時間が10分/人は短いと思った。
  • 指定図書のどこを勉強するのかがあいまいで困った。
  • 楽しく勉強できてよかった。
  • 各テーマの発表がわかりにくく、一度はギャラリー(テーマ外の人)を前にリハーサルをしても良いと思う。
  • スケジュール的に厳しいところがあった(特に3日目)。
  • テキストがかなり前から決まっているので、事前にもっと予習してくるべきだと思う。
  • 発表会での超関数についての一連の発表はとても面白かった。特に最後の方で「不連続な関数も超関数の意味では微分できる」というのは感動した。帰ってから代数解析を少し勉強してみようと思う。
  • やや時間が不足している気がした。もう1日あってもいいと思う。
  • 朝から晩まで数学の議論ができて楽しかった。
  • 講師や先輩は数学以外でも多くのことを知っているので、休憩時の雑談でも得ることが多く、とても有意義だった。
  • 発表の時間をもう少し工夫するか、発表をこんなことをやった程度にとどめて、セミナーの時間を長くした方がいいと思う。
  • 集合・位相など学校の進度より先の内容を扱ったのでついていくのが大変だった。
  • 今まで自分で内容をまとめて発表する機会がなかったのでいい勉強になった。
  • 事前の連絡が来なかったことがあり、少し困った。
  • 今回もやる気がある学生がたくさんいてモチベーションが上がったので良かった。
  • 2年生が多くセミナーがちゃんとできるか不安だったが、よく理解していて驚いた。
  • 部屋によって黒板が狭かったので十分なスペースが欲しかった。
  • 細かいトラブルはいくつかあったが、数学を楽しめてよかった。
  • 難しくてよくわからなかったが、面白かった。
  • 一人分の発表の時間が少ない。
  • みんなやる気があってよかったが、午前4時までやるのはちょっときつかった。
  • 他大学の学生や講師の先生を話せて有意義だった。是非このセミナーを続けて欲しい。

[当日の様子]

イベントの一覧へ