第33回 北大MMCセミナー Gray-Scott モデルの自己複製ダイナミクスに対する共変 Lyapunov ベクトル解析の応用

Abstract:

反応拡散方程式の一つである Gray-Scott モデルの自己複製パターンを示す軌道に対して,共変 Lyapunov ベクトルを求めるための引き戻しによるアルゴリズムを応用して解析を行った結果を報告する.適切なパラメータの Gray-Scott モデルに対して,ある初期値の軌道は定常解に収束していくまでの間に自己複製パターンを示す.このパターン形成は, 軌道が階層構造を持つサドル・ノード分岐の極限点の近傍を通ることで引き起こされる.共変 Lyapunov ベクトルを数値的に求めるアルゴリズムを応用することによって,定常解の線形化系の固有ベクトルを軌道に沿って引き戻したベクトルを求め,得られたベクトルによって軌道の特徴づけを試みた.また,サドル・ノード分岐で現れる定常解の共変 Lyapunov ベクトルと自己複製パターンを示す軌道に対して得たベクトルとの関係も明らかにする予定である.

※通常と曜日が異なります

第33回北大MMCセミナーポスター

セミナー区分
セミナー
開催日時
2014年   11月 17日 16時 30分 ~ 2014年   11月 17日 18時 00分
場所
電子科学研究所中央キャンパス総合研究棟2号館5F北側講義室(北12条西7丁目)
講演者・世話人
山口 崇幸(広島大学)
関連項目

シンポジウム・セミナー・研究集会の一覧へ