修士課程紹介

資格試験制度について

本専攻の修士課程の履修上の特色として,資格試験制度があります。これは15の考究科目について,試験によって単位認定する制度です。基礎学力を判定するものであるとともに,本専攻の博士後期課程への進学にも関わっている制度です。

具体的に説明すると,資格試験の合格にはA合格とB合格の別があり,合格すると修了のための単位に含めることができると同時に,所定の合格数と必要なA合格を揃えれば,博士後期課程進学に向けての準備を早めにすすめることができます。ただし,博士後期課程に進学するためには,修士課程を修了し,博士後期課程の入学試験を受けて合格する必要があります。資格試験は年2回実施されます。

» 資格試験シラバス
» 資格試験過去問 (pdfファイル)
» 博士教員団について
» 過去の博士論文

« 前のページ | INDEX ページ | 次のページ »