月曜解析セミナー:圏論と「無限解析」の初歩

開催日時
2018年   3月 14日 16時 30分 ~ 2018年   3月 14日 18時 00分
場所
理学部3号館210
講演者
西郷 甲矢人(長浜バイオ大学)
 
圏論は、20世紀半ばにアイレンバーグおよびマックレーンにより創始された、数学を「組織化」する方法論です。グロタンディークによる代数幾何学の刷新を筆頭に、数学の諸分野に大きな影響を与えてきました。また、近年では数学のみならず、周辺分野への応用も進んできました。本講演では、この圏論のものの見方・考え方を初歩から解説するとともに、その応用として、超準解析の名で知られる現代的な「無限解析」(オイラーの言葉)の圏論による取り扱いを論じます。集合と写像からなるシステムである「集合圏」から自身へのある種の「自己関手」を用いることにより、無限大や無限小を合理的に扱うとともに、位相空間論や粗幾何学的構造についても新たな見方を提供することが可能です。大学一年生にもわかるような解説を心がけますので、どうぞお気軽にご参加ください。講演中の質問・中断も大歓迎です。

通常とは曜日が異なります.
参照 http://www.math.sci.hokudai.ac.jp/~aik/ma/MonAna.pdf

関連項目

研究集会・セミナー・集中講義の一覧へ